トップページ|高瀬味噌販売株式会社

FAVA BEAN ADDICTIVE CONFIT

高瀬味噌販売 一寸そら豆やみつきオイル漬け 90g

669円(本体619円、税50円)

購入数






















名 称 そら豆加工品
原材料名 そら豆(兵庫県産)、オリーブオイル、ワインビネガー、食塩、フライドガーリック、唐辛子、ローズマリー、パプリカ
内容量 90g
賞味期限 製造日より1年
保存方法 直射日光を避け常温保存

















エネルギー たんぱく質 脂   質 炭 水 化 物 食塩相当量
419kcal 4.1g 40.3g 10.1g 0.5g




















エネルギー 419kcal
たんぱく質 4.1g
脂   質 40.3g
炭 水 化 物 10.1g
食塩相当量 0.5g

栄養成分表示 1瓶(90g当り)推定値








〜うえ(そら)を向いてさやが成る尼崎伝統野菜『一寸そらまめ』を使って丁寧につくっています〜

尼崎の地で50年にわたって色んな方々に可愛がっていただき、育ててもらった弊社。

いつか尼崎のお役にたてる仕事、商品が作れたらなぁと考えていましたが、ひょんなきっかけから尼崎の農産物をプロデュースするお話をいただきました。
味噌屋に野菜の加工の何が出来るのかと不安を感じましたが、「尼の農産物」にほれ込む生産者さん、料理人さん、地元農協さんからの熱意あるオファーに、ここはいっちょやってみるかと一念発起。。

「尼の『伝統野菜』をもっと知ってもらいたい」をコンセプトに、生産者さんや農協さんからは「古くから歴史もあって、生産者や地元のみなさんの思い入れも大きい多い『一寸そら豆』を使って何かをつくりたい!!」との声が!
「一寸そら豆」の歴史を紐解くと……、天平8年(西暦736年)にインドより「王墳豆(おたふくまめ)」という豆が行基により武庫村(現在の尼崎市)へ持ち込まれたのが、わが国における「そら豆」の始まりと言われています。生産量は明治・大正・昭和初期が最盛期となり、高値で取引されていましたが、現在では都市化の影響で栽培面積が減少し、流通量も極端に少なくなり、4〜5月のわずかな時期でしか食べることが出来ない稀少性とあいまって「幻の豆」と呼ばれるようになりました。

そんな『一寸そら豆』を守りたい!という生産者や地元のみなさんのアツい想いを受け、兄貴分の商品である「小松菜のやみつきオイル」でもレシピ監修をした地元尼崎市の繁盛トラットリアのオーナーシェフで野菜ソムリエの資格を持つ田中孝治氏が再び腕を揮い、試行錯誤を重ねた末に、尼の伝統野菜『一寸そら豆』を使った「一寸そら豆やみつきオイル漬け」がようやく出来上がりました。


「一寸そら豆やみつきオイル漬け」は何と言っても主原料の『一寸そら豆』が主役。
その名の通り一寸(約3)と実が大きく食べ応えもあり、アクも少なくホクホクとした滋味深い味わいが特徴です。

『一寸そら豆』の特徴や食味を活かしつつ、イタリアンのエッセンスをふんだんに取り入れ、いつでも旬の獲れたての味わいを楽しめるようにしました。

      〜「一寸そら豆やみつきオイル漬け」はそんな生産者、料理人のアツい想いを盛り込みました〜

食べると獲れたてのホクホクした『一寸そら豆』の味わいで、その名の通り、思わずうえ(そら)を向いて笑みがこぼれちゃう美味しさです。
オリーブオイルも余すところなく、召し上がってくださいね。
アヒージョやオイルパスタに使っていただけますし、シンプルにバケットやトーストにオイルをたっぷり浸して、やみつきになる味わいをお楽しみください♪

商品には田中シェフおすすめの料理例が書かれたレシピカードを内封しています。

パパっと簡単なひと手間でイタリアンシェフ監修のごちそうが再現出来ます。まさに『やみつき』になること間違いなしです!








高瀬味噌販売について

高瀬味噌販売について

高瀬味噌販売株式会社の会社情報などを掲載しています。

飲食店・業務用

飲食店・業務用

高瀬味噌販売株式会社では、大量ロットの業務用販売を行っております。

ご利用ガイド

ご利用ガイド

送料や支払い方法などのご利用ガイドを掲載していますのでご確認ください。